Home

NEWS 2008

Asano Atsuko

 

Asano Atsuko Fan Page International (C) All Rights Reserved. Copying / quoting / reprinting of any content is strictly prohibited.
All information written & tranlated by sashow.
   嚴禁 轉載 / 引用 / 複製 / 仿製 本網站的任何文字內容及圖片

中文  日本語
 

News of Atsuko in 2016-17

News of Atsuko in 2015

News of Atsuko in 2014

News of Atsuko in 2013

News of Atsuko in 2012

News of Atsuko in 2011

News of Atsuko in 2010

News of Atsuko in 2009

News of Atsuko in 2008

News of Atsuko in 2007

News of Atsuko in 2006

News of Atsuko in 2005

News of Atsuko in 2003-2004

News of Atsuko in 1998-2002

 ファンブログ

 浅野温子よみ語り

 


映画「赤んぼ少女」 DVD発売決定!(2008.12.30)

2008年公開された映画「赤んぼ少女」が《初回限定版》と《通常版》DVD 2タイプで2009年3月25日発売されます。

《初回限定版》DVD2枚組・BOX付

収録内容
DISK 1:本編・映像特典(予告映像・特報 他)
DISK 2:映像特典
・「赤んぼ少女」メイキング Hiroine Of AkanboShoujo / VFX and MAKE(Kazuno and Nishimura)
・初日舞台挨拶
・もうひとつのエンディング(板尾創路 ver.)
・キャストが泊まった素敵なホテル(NAGASHIMA RESORT)

封入特典
劇場用パンフレット・グッズ(物未定)

 
Buy at 

DVD発売情報  

溫子演出的新作電影「赤んぼ少女」(「嬰兒少女」"Tamami: The Baby's Curse") "(2008) 之日本原版 DVD 將於
2009年3月25日發賣。 《初回限定版》雙碟裝附製作花絮映像特輯及劇場小冊子。


「語り舞台®」最新公演 (2008.11.30)

溫子從03年起開始以「古事記」為題材,巡迴各地的神社公演日本的神話。延續這個舞台之旅,來年亦會展開各地公演。溫子於11月28日在愛媛縣松山市舉行了記者會,發表將於2009211日在當地舉行作為天皇陛下御即位二十年奉祝愛媛県民大会公演紀念公演「朗讀舞台 - 日本神話之邀請」。 2009年2月11日に愛媛県松山市で天皇陛下御即位二十年奉祝愛媛県民大会公演として、語り舞台®「日本神話への誘い®」の記念公演が開催かれます。出演の浅野温子さんが28日愛媛県松山市で記者会見を出席した。

 

【日時】 2009年2月11日(水・祝)開演14:00~
【会場】 愛媛県松山市 ひめぎんホール メインホール
【料金】 全席自由 5,000円(税込)

 


雑誌掲載情報 (2008.11.28)

2008年11月28日発売
雑誌「トリニティ (TRINITY)」(29号)
Inforest Mook
   エルアウラ出版   ¥680

浅野温子 Interview  

「語り舞台®」PR 活動
 ・TV / Radio 出演情報 (2008.11.27)

.

場所 イベント

2008年11月28日(金)

愛媛県松山市
伊豫豆比古命神社椿会館
語り舞台®「日本神話への誘い®」公演記者発表
「米山没後百年展オープニングセレモニー」出席

放送日時

放送局 番組名

2008年11月28日(金) 13:35~

南海放送ラジオ 「真さんのいよ!アミーゴ」

2008年11月28日(金) 16:20~

南海放送テレビ 「おかえりテレビ」

2008年11月28日(金) 18:00~

NHK 松山 「ニュース」

2008年12月5日(金)  17:05~

NHK 松山 「週刊ほりのうち5」

 


「Judge 2」PR 活動・TV放送情報 (2008.10.23)

2008年11月1日(六) 14:00-15:00
NHK 綜合頻道
(NHK大阪放送局現場直播)
「土曜スタジオパーク」(Saturday Studio Park)

嘉賓:淺野溫子 寺田農
特集:
週六連續劇「Judge 2」

2008年11月1日(土) 14:00~15:00
NHK 総合放送
「土曜スタジオパーク~あなたの声に答えます」
(NHK大阪放送局BKプラザから生放送)

ゲスト:浅野温子さん・寺田農さん
特集:土曜ドラマ「ジャッジ Ⅱ」
     番組HP


為了宣傳10月25日起播放的NHK週六連續劇「Judge 2~島之裁判官奮鬥記」,溫子將於11月1日與合演者寺田農一起在 NHK 大阪放送局舉行的「BK Wonderland」大型活動中擔任「Judge 2」特別講座嘉賓。 NHK大阪放送局「BK ワンダーランド」イベントにて温子さんが参加する予定です。

2008年11月1日(土) 13:00~14:00 (ステージ)

土曜ドラマ「ジャッジ Ⅱ」スペシャルトーク 
ゲスト:浅野温子さん・寺田農さん


NHK「ジャッジⅡ~島の裁判官奮闘記」完成試写会・東京会見 (2008.10.21)

2008年10月25日起首播的NHK週六連續劇「Judge II」的主角西島秀俊和溫子等於10月20日一起在東京涉谷NHK放送局出席了試映會和記者會見。

新聞記事
2008年10月21日 デイリースポーツ 他

 


2008.10.20 Press Conference in Tokyo

 


Radio 出演 (2008.10.21)

J-WAVE (81.3 FM) 2008年10月22日(水) 20:55~
「Jam The World」の「15 Minutes」に温子さんがゲスト出演されます。


溫子客席教授活動開始 (2008.10.9)

溫子擔當本年度國學院大學的客席教授,定期參與教學活動,首次為10月28日,於神道文化學部「古典講讀」的課堂聯合舉行以《古事記》為藍本的「日本神話的邀請」朗讀舞台。

関連紹介

國學院大學で客員教授を務める、
10月28日から定期的に教壇に立つ

今年度國學院大學客員教授に就任しました俳優の浅野温子さんが、神道文化学部「古典講読1」の授業と連携をして、『古事記』を脚色した「天の岩屋戸」の公演を行ないます。当該授業受講生のほか、國學院大學学生に限り聴講できます。

 


TV 放送情報 (2008.10.6)

原訂11月1日起播放的NHK週六連續劇「Judge 2~島之裁判官奮鬥記」,提早於10月25日起首播。

2008年10月25日~11月22日逢星期六
晚上 9 時 NHK 綜合頻道播放

土曜ドラマ「ジャッジⅡ 島の裁判官奮闘記」の放送開始日が変更になりました。当初予定の11月1日から繰り上がり、10月25日より放送開始となる予定です。

【放送予定】NHK 総合/デジタル総合
2008年10月25日~11月22日毎週土曜夜9時

関連紹介


2008年10月9日18:10-19:00 (只限 NHK 山口放送)
地域報導節目
「ゆうゆうワイド」中,
將播放溫子於朗讀舞台山口公演的 PR 以及新劇「Judge 2」的 PR 映像。
2008年10月9日(木) 18:10~19:00
「ゆうゆうワイド」
(NHK山口放送のみ)
番組の中で「ジャッジ2」PR と語り舞台®山口公演のPR 映像が放送されます。

雑誌掲載情報 (2008.10.1)

発売日 出版 雑誌 掲載
10月1日 産経新聞社 月刊誌「正論」(11月号) 浅野温子記事
1010 ユーリーグ 月刊誌「いきいき」(11月号) 浅野温子記事

 


「語り舞台®」伊勢公演 (2008.9.26)


2008.9.25 Atsuko performed on stage in Sun Arena, Mie

浅野温子さんが現代の語り部として出演、古事記をテーマにした語り舞台®「日本神話への誘い®」が9月25日、三重県営サンアリーナ(伊勢市)特設ステージで開催された。

新聞記事
2008年9月26日
伊勢志摩経済新聞

溫子巡迴各地以現代語演譯古事記的朗讀舞台「日本神話之邀請」於2008年9月25日在三重県營 Sun Arena 舉行了公演。朗讀舞台自2003年於伊勢神宮揭開公演序幕,巡迴於各地的神社公演,至今已於35所神社舉行,超過3萬8000千人次觀賞。這次的舞台公演是作為支援全國各地神社的女性團體「全國敬神婦人連合會」創立60週年紀念以及「伊勢神宮式年遷宮」紀念,讓約3000名觀眾陶醉於溫子充滿迫力的表演中。溫子:『需要從一直以來在神社傳揚的神話裡學習智慧、浪漫與安慰、以及感受教誨。』


雑誌掲載情報 (2008.9.5 / 9.26)

発売日 雑誌 掲載
9月13日 「月刊テレビジャパン」(10月号)
  (Monthly TV Japan)
『あいたかった、ひと』 浅野温子 interview (2P)
1010 月刊誌「いきいき」(11月号)  浅野温子 interview

 


雑誌掲載情報 (2008.8.18)

発売日 週刊 掲載
8月8日 「週刊大衆」(8月25・9月1日号) 『SEXY 美女インタビュー』浅野温子 interview (4P)
8月18日 「女性自身」(9月2日号) 浅野温子 interview (2P)

 


映画「赤んぼ少女」初日 (2008.8.3 / 8.4)

恐怖漫畫大師楳圖一雄原作的電影
「赤んぼ少女」(「嬰兒少女」"Tamami: The Baby’s Curse"Official HP
akanbo-movie.com)
於8月2日在東京開始上映,溫子與合演者水沢奈子、野口五郎、斎藤工、生田悦子、導演山口雄大和漫畫原作楳圖先生一起出席了在Theatre N 渋谷舉行的初日上映宣傳禮。被問到初次演出恐怖電影的感想,溫子笑說:「被提起我才察覺到是首次演恐怖電影,常常被評我在電視劇裡演的很可怕(笑), 我沒有想太多這是恐怖電影。
不好意思,(全片裡)只讓我一人演愛情戲 ,對~不~起,那樣的 (恐怖情節) 我一點也沒有 (笑)。(恐怖的部分) 請大家不要對我有期待(笑)。請大家多多關照 Tamami。」

新聞記事
2008年8月2日 ORICON SANSPO 日刊スポーツ
2008年8月4日 ぴあ  2008年8月5日 CinemaCafe.net
2008年8月8日 ザテレビジョン

映像 MOVIE (UMEZZ.com)
公開初日舞台挨拶(1/2)   初日取材(1/2)
公開初日舞台挨拶(2/2)   初日取材(2/2)


2008.8.2 PR at Theatre N Shibuya, Tokyo

 


新聞記事揭載 (2008.7.28)

「デイリースポーツ」記事掲載
浅野温子 ホラー映画初主演「ラッキー」 (2008.7.28)

Daily Sports 2008.7.28
『Lucky!』淺野溫子初演恐怖電影

(記事全文翻譯:sashow ©)

8月2日起公開上映的「赤んぼ少女」(「嬰兒少女」"Tamami: The Baby’s Curse") 中溫子首次演出恐怖電影。恐怖漫畫大師楳圖一雄原作、描述長不大的嬰兒Tamami 發起的連續殺人內容,電影被列為「R-15」(只准16歲以上人士觀看)。溫子也是初次演出「R-15」級的電影,接受參演的理由是?

在30歲以上人士的印象裡,淺野溫子是「元祖Trendy 女優」的形象。那樣的溫子跟楳圖一雄及恐怖電影的組合叫人意外。山口雄大導演是以「絕對不像是會演恐怖電影的人」而請求溫子參演。不過溫子是「沒留意到是初演恐怖電影」。「種在我的記憶深處原經驗是楳圖先生。我是從保育園那時起已讀楳圖漫畫的大FAN。總之是讓人很懼怕。獲邀演出時,不禁跳起『LUCKY!』」

溫子飾演的是不停重複殺人的嬰兒Tamami 的母親夕子。不單恐怖,也描繪著不幸成長的Tamami 和夕子的戲劇內容,卻被列為「R-15」級,溫子感到很可惜,「希望16歲以上的人士會傳揚下去。」

溫子演出電影是自2005年的「まだまだあぶない刑事」(「仍然是危險刑事」)以來。「電影是『最能讓我舒適的場所』。但是藤田敏八導演(『Slow Boogie』) 及五社英雄導演(『陽暉樓』) 等,曾讓我自由地演的導演們都過世了。因不想讓那時的感覺消失,總之想在好感覺的現場演出。我想如果是山口導演便沒問題,實際上也能那樣地做了。」

今年初次演出NHK教育頻道以幼兒為對象的故事朗讀節目「おはなしのくに」(「話之國」),更在「土よう親じかん」(「星期六家長時間」)節目中當訪問主持,盡是初次挑戰的事情。而從2003年起奮進的一人朗讀舞台也在發展,在來年5月會舉行與交響樂團、歌劇和朗讀混合組成的舞台劇… 到了47歲,越來越積極精神繁盛。

被問到畢業了「Trendy Drama」嗎 (不再演 Trendy 連續劇了嗎)?溫子展現她那就像是80年代那時帶惡作劇般的笑容:「那個一定要在日本景氣好的時候。如果變得好景氣時便做呢。」

 


映画「赤んぼ少女」宣伝関連情報 (2008.7.17)
   
  PR for MOVIE "Akanbo Shoujo" ("Tamami: The Baby's Curse")「嬰兒少女」 Official HP akanbo-movie.com

  EVENT  
8月2日 「赤んぼ少女」映画封切り浅野温子舞台挨拶に出席します 場所 シアターN渋谷
一回目 11:40の回終映時(13:25-)
二回目 14:00の回開映時(14:00-)   
溫子將出席電影初日上映宣傳禮  
  雑誌・新聞・TV 掲載
7月19日発売 「映画秘宝」9月号 『赤んぼ少女』温子 interview
7月29日朝刊

「読売新聞」  

『ロッテさわやかトーク』温子登場
8月7日発売 「週刊文春」
8月1日 「ディリースポーツ」(Daily Sports)  『赤んぼ少女』温子 interview
8月1日 「東京スポーツ」(Tokyo Sports)  『赤んぼ少女』温子 interview
7月19~8月8日 「チャンネルNECO」 不定期オンエアの3分番組『ミッドナイトニュース』にて
『赤んぼ少女』温子 interview

 


TV 放送情報 (2008.7.17)

放送日時

放送局 番組名 内容

7月26日()
21:00~

テレビ朝日 SP Drama 「めぞん一刻」 (相聚一刻) 温子友情出演

8月27日(水)
17:00~17:49

NHK BS Hi-vision 戦争を語りつぐ~ハイビジョンふるさと発選
「彼岸花なぜに悲願花~愛知・知多半島~」
温子童話朗読

 


雑誌掲載 (2008.7.17)

2008年夏号 青山表参道発信
「青山時間」(no.129) 

Atsuko's INTERVIEW on AOYAMA JIKAN Official Webpage
http://www.aoyamajikan.com/style/interview/vol129.html

 


「昨日の友は今日の敵?」DVD発売決定!(2008.7.12)

温子さん主演のNHKドラマ「昨日の友は今日の敵?」(2004)
がDVDで
2008年9月26日発売されます。
(出演: 浅野温子 加藤雅也 生田斗真 渋谷飛鳥 草笛光子)

詳細 DVD発売情報

溫子主演的NHK連續劇「昨日之友是今日之敵?」(2004)
之日本原版DVD 將於2008年9月26日發賣

 
Buy at 


TV 出演情報 (2008.7.3)

2008年726日於朝日電視 21:00 播映的新特別單元劇「相聚一刻」裡,溫子作友情客串演出!

2008年726日(土)夜9時からテレビ朝日系放送のスペシャルドラマ「めぞん一刻」に温子さんが友情出演されます。

 


「語り舞台®」最新公演 (2008.7.3)

2008年8月31日に秋葉山本宮秋葉神社御鎮座1300年奉祝記念公演として、浜松市天竜壬生ホールで語り舞台®「日本神話への誘い®」の記念公演が開催かれます。
出演:浅野温子<br>場所:浜松市 天竜壬生ホール
日時:2008年8月31日 (日)
1部 開場 午後12:30 開演 午後 1:00
2部 開場 午後  3:30 開演 午後 4:00
入場料 1,000円 申し込み期間 2008年7月1日~7月31日迄

溫子從03年起開始以「古事記」為題材,巡迴各地的神社演譯日本的神話舞台。延續這個舞台之旅,今年亦會展開各地公演。於2008年831日溫子將在浜松市舉行公演,作為秋葉山本宮秋葉神社御鎮座1300年奉祝記念。7月1日至7月31日秋葉神社接受門票訂購申請。


最新舞台情報 (2008.6.19)

舞台『本当の私を捜して~As You Desire Me~』
浅野温子
INTERVIEW MOVIE
(共同通信社取材):

西日本新聞  芸能動画  http://qnet.nishinippon.co.jp/entertainment/showbiz/movie/20080618/20080618_0003.shtml
日刊スポーツ芸能動画 
http://douga.nikkansports.com/entertainment/entry/62980.html
デイリースポーツ芸能動画  http://www.daily.co.jp/gossip/movie/0001148923.shtml

公演詳細 >> HERE


溫子任大學客席教授 (2008.6.14)

淺野溫子近日將接受正式聘任,擔當國學院大學(東京都涉谷)的客席教授,任期至2009年3月31日。

溫子作為女演員活躍的同時,持續地推廣以古事記為題材的神話舞台公演等事業,因她對日本文化的貢獻而被挑選為客席教授,將會擔當大學舉辦的演講會和活動。

國學院大學希望深厚日本文化的研究,從本年度起邀請名人和教育相關人士擔當客席教授,而溫子和另外五位人士成為首屆獲邀的人士。

浅野温子さんが客員教授に(國學院大學)

女優の浅野温子さん(47)が國學院大學(東京都渋谷区)の客員教授を務めることになった。近く辞令を受け、4月1日にさかのぼって就任する。任期は2009年3月31日まで。

浅野さんは女優として活躍する一方、古事記を題材にした神話に関する講演を続けていることなどから、日本文化に貢献しているとして選ばれた。大学が実施する講演会や催しを担当することになりそうだ。

國學院大學は日本文化の研究を深めようと、本年度から著名人や教育関係者を客員教授を迎えることにした。今回選ばれた浅野さんら6人が初代となる。

(引用 新聞記事:2008年06月13日 【共同通信】


雑誌掲載情報 (2008.6.14)

2008年6月20日発行・表参道発信
「青山時間」(no.129)
店舗配布設置:青山・表参道の店舗・企業

浅野温子さんグラビアとインタビュー掲載

刊載溫子彩照及專訪


「心に響く弦楽と神話の世界」新潟公演報道記事 (2008.6.8)

6月7日在新潟舉行了為2013年進行的伊勢神宮式年遷宮的紀念公演「心に響く弦楽と神話の世界」,由讀賣日本交響樂團的演奏和持續於全國神社舉行古事記朗讀舞台的淺野溫子的日本神話一人舞台合演。

今後,這個紀念公演將於日本全國各地巡迴演出,而在縣內有全國最多神社和兩度受地震災害的新潟縣被選為首次的公演地,並招待了200名地震災民觀賞。

在儼如神社佈置的舞台上,弦樂四重奏演奏了由藤井郁彌作曲的神宮式年遷宮主題曲等曲目,而在弦樂伴奏仿如幻境中,溫子熱演了以天照大御神兄弟為題材的故事,讓觀眾沈醉於神話的世界。

2013年の伊勢神宮の式年遷宮に向けた記念公演「心に響く弦楽と神話の世界」が6月7日、新潟市中央区の新潟テルサで行われ、読売日本交響楽団の演奏や浅野温子さんが演じる語り舞台®が上演された。

新聞記事:2008年6月8日 読売新聞(新潟)


2008.6.7 Atsuko performed on stage in Niigata


TV Drama 出演情報 (2008.6.6)

続編決定!
土曜ドラマ「ジャッジⅡ 島の裁判官奮闘記」

2007年秋播出的NHK週六連續劇「Judge ~離島之裁判官奮戰記」第一輯大獲好評,2008年將會原班人馬製作續篇!「Judge 2~ 島之裁判官奮鬥記」將於08年11月1日至11月29日逢星期六晚上9時NHK播放 (全5回)。溫子繼續飾演能幹的律師畑夏美。

 

昨年の秋に放送し好評を得た『ジャッジ 島の裁判官 奮闘記』のパート2をNHK大阪放送局が制作します。

 『ジャッジ』の主人公は南の島の小さな裁判所に赴任した判事補・三沢恭介。島でたった一人の裁判官として、刑事・民事・家事・少年、すべての事件を担当し、司法を通して社会に貢献しようとする誠実な主人公の姿勢が視聴者の感動を呼びました。また南の島の美しい大自然を背景に展開された、恭介の家族や島の弁護士たち、支部の書記官などスタッフのチームワークのストーリーも高い評価を得ています。

 裁判官の島での任期は通常2年。パート1では恭介が島に赴任してからの1年間を描きました。今回パート2では、多くの経験と感動からある確信を得た恭介が、万感の思いを胸に島を去るまでの後半1年間を描きます。
【放送予定】 2008年11月1日~11月29日
毎週土曜連続5回
  NHK 総合/デジタル総合
21時~21時58分
  デジタルハイビジョン
18時~18時58分
【出演】 西島秀俊 戸田菜穂 桝岡明 小野武彦 的場浩司 市川実和子 松尾敏伸 橋爪遼 酒井彩名(Ⅱから出演)安めぐみ 国生さゆり  菅井きん 梅津栄 寺田農 浅野温子
【脚本】 中園健司(1~3・5話)
飯野陽子(4話)
【音楽】 羽毛田丈史
【制作統括】 古川法一郎
【演出】 本木一博(1・2・5回)
井上剛(3・4回)
【デスク】 鹿島由晴

TV 放送情報 (2008.6.2)

BS NHK Hi-Vision「日翻萬葉集」
繼4月播放後,溫子當嘉賓演出的第二集定於2008年6月12日播放。

溫子挑選自己心儀的日本古代文學「萬葉集」詩歌,細說自己對詩歌的想法。

BS NHKハイビジョン「日めくり万葉集」
温子さんゲスト出演の2話目が放送決定されました。
2008年6月12日(木) 午前6:55~7:00
(再放送  6月16日(月) 0:30~0:55
 一週間分まとめて放送

女優浅野温子 選歌「大穴道 少御神の 作らしし 妹背の山を 見らくし良しも」 柿本人麻呂歌集より (巻7・1247)

(番組のHP:http://www.nhk.or.jp/manyoushuu )


映画「赤んぼ少女」情報 (2008.5.27)

改編自著名恐怖漫畫大師楳圖一雄原作的驚嚇電影「赤んぼ少女」(嬰兒少女) 2008年82日起於 涉谷Theatre N 等戲院日本全國陸續上映。溫子初次挑戰演出恐怖電影,飾演因愛女深切之故而帶有精神病態的悲哀母親角色。

故事:在空襲之夜南条家的親生女兒葉子下落不明,15年來在孤兒院長大。另一方,南条家一直養育著不知來歷的女兒「Tamami」卻是長得像怪物一樣,擁有恐怖的容顏以及永遠長不大像嬰孩那樣的身驅。南条家的父親(野口 飾) 得悉 Tamami 不是親生的,遂把 Tamami 棄於孤兒院,並併命尋找親生女兒葉子。南条家的母親夕子(溫子 飾) 卻對 Tamami 充滿母愛,偷偷把她帶回家藏於大屋的閣樓悉心養育,母親自己也精神有點異常了。多年後,美少女葉子(水沢 飾) 終被父親尋到,入住南条家大宅與父母展開新生活。怪物般的 Tamami 卻對美貌的葉子充滿嫉妒、對父親充滿仇恨,陸續對周遭的人展開報復及恐怖殺戮...

楳図かずお原作のホラー映画「赤んぼ少女」(「のろいの館」より) 2008年8月2日より
シアターN 渋谷、シネ・リーブル池袋ほか
全国順次公開。

監督: 山口雄大
脚本: 小林弘利
原作: 楳図かずお
出演: 水沢奈子、野口五郎、斎藤工、
板尾創路、堀部圭亮、亜紗美、
生田悦子、浅野温子 他
配給: 日活

「赤んぼ少女」は、赤ん坊のまま成長できない醜い容姿の赤ちゃん、タマミが、成長できないジレンマと周囲への嫉妬から人々を次々と殺していく物語。温子さんは主人公タマミの、愛の深さ故に頭の狂ったお母さんを熱演しています。

公式HP http://akanbo-movie.com/

新聞記事:2008年5月27日 SANSPO IZA 産経ニュース


雑誌掲載情報 (2008.5.19)

2008年5月23日発売
月刊「日経ヘルス プルミエ (Nikkei Health Premie)」(7月号)
¥650   日経BP社出版

浅野温子さんが表紙とインタビュー掲載

溫子封面及內頁寫真專訪  

溫子最新舞台公演情報 (2008.5.3)

溫子將於2008年6月主演新作舞台劇「本当の私を捜して」~As You Desire Me~ (尋找真正的我)
舞台劇改編自電影史上最著名的女明星之一 Greta Garbo 主演的美國電影 "As You Desire Me"(1932),溫子飾演失去了記憶的女主角。

故事:
失去了記憶的Elma,在夜總會演唱。突然有一男子到訪。他告之 Elma 原是意大利人貴族的妻子...

温子さん2008新作舞台公演決定
『古川オフィス第8回公演
 「本当の私を捜して」~As You Desire Me~』

グレタ・ガルボ主演映画「お気に召すまま(AS YOU DESIRE ME)」
の舞台版で日本初演。記憶を失くしたヒロイン役に浅野温子。

原案・原作 ルイジ・ピランデルロ 企画:有希九美
劇作・脚本 ヒュー・ホワイトモア 制作:古川清・千木雅水
翻訳 阿部のぞみ 主催:(有)古川オフィス
演出 高瀬久男  
出演 浅野温子 / 寺田農 / 青山達三 / 有希九美 / 宴堂裕子 / 清水まゆみ / 大谷恭代 / 岩下貴子 / 三貴将史 / 加治慶三 / 眞藤ヒロシ 他
会場 シアターX (東京両国) (Theatre X)
料金 全席指定 前売り 5,500円/当日 6,000円
前売り開始 2008年5月6日(火)
一般発売 2008年5月16日(金)
公演日程 2008年6月24日(火)~29日(日)
     

2008
6月

24 25 26 27 28 29

時間

    14:00   14:00 14:00
19:00 19:00 19:00 19:00 19:00  

STORY

記憶をなくし、ベルリンのナイトクラブで歌うエルマのもとへ、一人の男性が現れる。彼は、エルマがイタリア人貴族の妻だと知らせるのだが…

チケット予約

チケットぴあ:http://t.pia.co.jp/   0570-02-9999(Pコード386-653)
カンフェティhttp://confetti-web.com
古川オフィスfurukawaoffice.inc@s7.dion.ne.jp ※お名前(フリガナ)・希望日時・枚数・住所・TEL・FAX・メールアドレスをお送り下さい。
お問い合わせ(有)古川オフィス 03-3647-8288 (平日11:00~18:00)


NHK教育「土よう親じかん」 記者会見 (2008.4.22 / 2009.4 updated)

※【從2009年4月起節目名稱更改為
「隔鄰的孩子教養」】

溫子於4月21日為即將於26日起NHK教育台播放的節目「土よう親じかん」(「星期六家長時間」) 出席了在東京涉谷舉行的記者會見。節目中,溫子會於每月最後一週六晚上9時30分播放的訪問系列裡跟劇作家平田先生一起當起訪問者,到訪各界成功人士的父母進行專訪。

溫子:「我還是首次演出這類節目當訪問者... 我也還不慣提問的方法,所以也擔心自己是否行呢,但得平田先生的領導,我全托賴他了。」

每回請來名人的父母作嘉賓,訪問養育子女的心得。溫子笑言:「雖然我也有孩子,但我放棄了養育孩子(笑),多是由我的母親來照顧的,希望跟(剛開始教養孩子的) 大家一起,以『不曉得』的觀點來看。」

※【2009年4月から番組タイトルは「となりの子育て」に変更された】

温子さんが育児番組で初のインタビュアー
「土よう親じかん」会見

(引用 スポーツ報知 2008年4月21日)


女優の浅野温子(47)が、劇作家の平田オリザさん(45)と組んでNHK教育「土よう親じかん」で初めてインタビュアーを務めることになり21日、東京・渋谷区の同局で会見した。

「こういう番組は初めてで…私も聞く方は慣れてないので大丈夫かと思いましたが、平田さんがリーダーシップを取ってくださるのでおんぶに抱っこです」毎回、著名人の両親をゲストに迎え、子育てのヒントに迫る。  浅野は「私は子育てを放棄しまして(笑い)、うちの母がほとんど育てたので、(子育てを始めたばかりの)皆さんと々ように“分からない”という視点でいければ」と抱負を話していた。毎月最終土曜日の午後9時30分から。

新聞記事
2008年4月22日
スポーツ報知 ORICON 日刊スポーツ デイリースポーツ IZA ZAKZAK

 2008.04.21 Press Conference at Shibuya, Tokyo


新潟記者會見 (2008.4.17)

2008.4.16  Press Conference & PR on Local TV in Niigata

 

溫子於4月16日在新潟市舉行了記者會,發表將於2008年6月7日在新潟市舉行名為「心に響く弦楽と神話の世界」,作為2013年第62回伊勢神宮式年遷宮的紀念公演,由讀賣日本交響樂團的弦樂演奏和溫子的「淺野溫子朗讀舞台 - 日本神話之邀請」聯合公演。這個聯合演出預定於全國各地巡迴公演,而這次於新潟的上演是整個計劃的第一次公演。

溫子的母親是新潟小千谷市出生的,對於當地地震的受災者,溫子:『聽到本地的居民也很努力的,復原很快,我也安心了。』而對於公演,溫子表示:『 日本人本來是情深義重的民族,在現今世代更希望大家能憶起。』

同日溫子亦於新潟電視台的資訊節目任嘉賓,宣傳這次公演。

新潟 伊勢神宮遷宮記念公演
浅野温子さんら出演

(引用 産経新聞(新潟)2008年4月17日)


新潟市内で6月に開かれる第62回神宮式年遷宮奉賛記念公演「心に響く弦楽と神話の世界」(実行委員会主催、産経新聞新潟支局など後援)を前に、公演で古事記を現代語にした語り舞台®「日本神話への誘い®」を演じる女優、浅野温子さん(47)らが16日、新潟市内で記者会見した。

公演は、三重県の伊勢神宮が平成25年、20年に1度社殿を新造する「式年遷宮」を行うのにちなみ開く。浅野さんは各地で35回、古事記を題材にした語り舞台を開いており、今回は天の岩屋戸に隠れた天照大御神の話を演じる。音楽で読売日本交響楽団が共演。

母親が小千谷市出身の浅野さんは、地震の被害について「復旧が早く、地元もがんばっているとの声を聞いて安心していた」と話し、公演では「日本人は情に厚く、愛情深い民族だということを、今の時代だからこそ思い出してほしい」と述べた。

6月7日午後2時から、新潟市中央区鐘木の新潟テルサで。全席指定(1510席)5000円だが、中越沖地震の被災者ら200人を招待。問い合わせは(電)025・281・8000。

公演詳細

新聞記事2008年4月17日
読売新聞(新潟) 産経新聞(新潟)

 


新聞掲載 (2008.4.3)

産経新聞4月1日~3日連載温子專訪記事

【人、瞬間】あの舞台 女優・浅野温子さん(上) (2008.4.1)

【人、瞬間】あの人 女優・浅野温子さん(中) (2008.4.2)

【人、瞬間】あの場所 女優・浅野温子さん(下)(2008.4.3)


TV 放送情報 (2008.3.26 / 3.28 updated)

放送日時

放送局

番組名
3月31日(月)

03:25 - 04:08

NHK 総合テレビ
(関西地区のみ放送)

金とく“きつね”になった少年~新美南吉 童話の世界~ 』」
「ごんぎつね」で知られる愛知県半田市出身の作家・新美南吉。彼が死の直前に書いた「きつね」という隠れた名作が、今、子育て中の母親たちの注目を集めています。この童話「きつね」と「でんでん虫」の朗読に、浅野温子さんが挑みました。

「變成狐狸的少年-新美南吉童話的世界」
溫子於家傳戶曉的童話作家新美南吉的故居拍攝,朗讀表演新美南吉的兩部名作「狐」及「蝸牛」。
4月1日(火)

15:00 - 16:54

メ~テレ

「救急救命士・牧田さおり(2)」
(再放送)

4月21日(月) 本放送 06:55 - 07:00 NHK BS ハイビジョン

「日めくり万葉集」
温子さんがわが心の万葉集を選び、歌への思いを語ります。

(番組のHP:http://www.nhk.or.jp/manyoushuu/)

「日翻萬葉集」
溫子挑選自己心儀的日本古代文學「萬葉集」詩歌,細說自己對詩歌的想法。溫子當嘉賓演出共兩集。
4月28日(月) 再放送

0:30 - 0:55
(一週間分
まとめて放送)

4月から
毎月
最終
土曜
本放送 21:30 - 22:00  NHK 教育テレビ

「土よう親じかん」
毎月最終週放送のインタビューシリーズ「育てた人にきいてみる」で浅野温子さん が平田オリザさんと二人でインタビュアーをやって、各界で活躍している人たちの親御さんを訪ねてインタビューする。
(番組のHP:
http://www.nhk.or.jp/oyajikan/ )

「星期六家長時間」
節目中,溫子於每月最後一週播放的訪問系列裡當起訪問者,到訪各界成功人士的父母進行專訪。
再放送 翌週土曜
14:30 - 15:00
4月11日(金) #1

14:00 - 15:00

TBS CS

「ママってきれい!?」
(再放送)

出演:浅野温子、本木雅弘、山下真司、的場浩司、室井滋、石井梓、反田孝幸、河合美智子、ほか

4月14日(月) #2
4月15日(火) #3
4月16日(水) #4
4月17日(木) #5
4月18日(金) #6
4月21日(月) #7
4月22日(火) #8
4月23日(水) #9
4月24日(木) #10

TV 出演情報 (2008.3.12)

溫子將作新挑戰,於2008年4月起放送的新節目作年間定期出演。

NHK教育「土よう親じかん」(「星期六家長時間」)

 首播 毎週六 21:30~22:00
 重播 翌週六 14:30~15:00

節目中,溫子於每月最後一週播放的訪問系列裡與劇作家及導滇平田先生當起訪問者,一起到訪各界成功人士的父母進行專訪。

温子さんが新番組にレギュラー出演されます。
2008年4月から始まる

NHK教育テレビ「土よう親じかん」
 
本放送 毎週土曜日 21:30~22:00
 再放送 翌週土曜日 14:30~15:00

毎月最終週放送のインタビューシリーズ「育てた人にきいてみる」で平田オリザさんと二人でインタビュアーをやります。各界で活躍している人たちの親御さんを訪ねてインタビューするという企画です。

番組のHP:http://www.nhk.or.jp/school/oya/

 


映画出演情報 (2008.3.12)

楳図かずお原作のホラー映画「赤んぼ少女」(「のろいの館」より) 2008年夏公開予定。
3月21日にゆうばり国際ファンタスティック映画祭
(http://yubarifanta.com/) でも上映されます。

監督:山口雄大
出演:水沢奈子 野口五郎 斉藤工 堀部圭亮 亜沙美 生田悦子 板尾創路 浅野温子

改編自著名恐怖漫畫大師楳圖一雄原作的驚嚇電影「赤んぼ少女」(嬰兒少女) 2008年夏天日本上映。


再放送のお知らせ (2008.3.9)

温子さん主演のドラマ「ママってきれい!?」(1991 TBS) が3/17(月)から3/22(土)23:00~24:40[2話ずつ]CS 初放送になりました!

出演:浅野温子、本木雅弘、山下真司、的場浩司、室井滋、石井梓、反田孝幸、河合美智子、ほか

放送日時 (2008年)

放送局

3/17 (月) #1
#2
23:00~23:50
23:50~24:40
TBS CS
3/18 (火) #3 23:00~23:50
3/19 (水) #4
#5
23:00~23:50
23:50~24:40
3/20 (木) #6
#7
23:00~23:50
23:50~24:40
3/21 (金) #8
#9
23:00~23:50
23:50~24:40
3/22 (土) #10 23:00~23:50

溫子主演的連續劇「Mamatte Kirei?!」 (媽味佳人/媽媽漂亮嗎?!) 將於3月17日起在TBS CS 重播。


浅野温子 Official HP OPEN!  (2008.3.5)

浅野温子公式ホームページ Official HP
http://asanoatsuko-on-koala.com/

 


Radio 出演 (2008.2.22)

3月1日・8日放送のラジオ出演のお知らせです。

番組名:「CHAUMET Romantic Journey」

放送局:TOKYO FM (80.0Mhz)
放送時間:
2008年3月1日&3月8日
毎週土曜日21:30~21:55放送に温子さんがゲスト出演されます。

番組のHP:http://www.tfm.co.jp/rj/
 

インターネットラジオMAGIC 702でも放送されます 。
全国、海外にも聞けます

このHPで放送を聞く:
http://www.magic702.jp/702/pc/w_index.php

MAGIC 702での放送時間:
温子さん出演 #1  3月8日(土) 21:30-22:00
  【再】3月8日(土) 24:30-25:00
  【再】3月9日(日) 17:30-18:00 , 19:30-20:00 , 21:30-22:00  

温子さん出演 #2  3月15日(土) 21:30-22:00
  【再】3月15日(土) 24:30-25:00
  【再】3月16日(日) 17:30-18:00 , 19:30-20:00 , 21:30-22:00

皆さんぜひお聞きくださいね!

2008年3月1日及8日連續兩週六在 TOKYO FM「CHAUMET Romantic Journey」節目中將播放溫子任嘉賓的最新專訪

此節目亦會在網上電台Internet Radio MAGIC 702 播放,海外亦可收聽。
Internet Radio MAGIC 702 播放日時:
3月8日及3月15日 連續兩週六,日本時間:

出演 #1  3月8日(六) 21:30-22:00
【重播】3月8日(六) 24:30-25:00
【重播】3月9日(日) 17:30-18:00, 19:30-20:00, 21:30-22:00  

出演 #2  3月15日(六) 21:30-22:00
【重播】3月15日(六) 24:30-25:00
【重播】3月16日(日) 17:30-18:00, 19:30-20:00, 21:30-22:00

Internet Radio 收聽網站:
http://www.magic702.jp/702/pc/w_index.php

不論是地球哪個角落的溫子迷,不要錯過囉!


溫子「豆打式」(2008.2.4)

昨天2月3日節分祭,溫子到了山口縣防府天滿宮參與今年的節分祭及下午二時、三時、四時共三場的「豆打式」(開運招福擲豆祭典式)。溫子與年男年女29人於神宮境內特設舞台上向群眾拋出 約3萬5000袋福豆。參拜客在一遍「鬼在外、福在內」歡呼聲中接下象徵福願的豆子。溫子曾於2003年在防府天滿宮公演「朗讀舞台–日本神話的邀請」,繼2004年這是溫子第二次在防府天滿宮參加豆打式。今年10月亦將第二度在同地舉行朗讀舞台。
溫子:『我是牛年出生的,明年是年女。明年也很想參加豆打式呢。』

浅野温子さん 節分祭豆まき

2008年2月3日の節分の日
山口県防府天満宮境内にて温子さんが特別ゲストとして豆まき参加されました。温子さんは、2003年に同天満宮で語り舞台®を行ったことがあり、04年以来2回目となる節分祭の参加となった。今年10月に防府天満宮と遠石八幡宮で語り舞台®を出演する予定です。

新聞記事
2008年24  読売新聞 中国新聞 朝日新聞


2008.2.3 Atsuko at Hofutenmangu, Yamaguchi

過去之溫子豆打式 in 2006;   in 2005;   in 2004


「語り舞台®」最新公演 (2008.2.1 / 2.15 updated)

溫子從03年起開始以「古事記」為題材,巡迴於各地的神社演譯日本的神話舞台。延續這個舞台之旅,今年除了會在各地神社展開公演,亦將於2008年67日在新潟市舉行名為「心に響く弦楽と神話の世界」,作為第62回伊勢神宮式年遷宮紀念公演,由讀賣日本交響樂團的弦樂演奏和溫子的朗讀舞台聯合公演。2月24日起公開發售門票。

2008年6月7日に新潟市で「心に響く弦楽と神話の世界」と題して読売日本交響楽団の演奏と女優の浅野温子さんによる神話の語り舞台の記念公演が開催かれます。

この講演は、第62回神宮式年遷宮奉賛記念公演として、神宮式年遷宮奉賛記念公演実行委員会が主催し、読売日本交響楽団による弦楽四重奏と浅野温子さんが演じる「天の岩屋戸にお隠れになった天照大御神~月読命の語れる」と題した神話の語り舞台が行なわれます。詳細は下記の通りです。

【内容】

弦楽四重奏 出演 読売日本交響楽団

演奏 「鎮守の里」第62回伊勢神宮式年遷宮奉賛曲:作詞・作曲 藤井フミヤ
演奏 「ディヴェルティメント」:作曲 モーツァルト 他
演奏・映像 「元々本々ーはじめをはじめとし、もとをもととすー」

語り舞台®「日本神話への誘い®」

出演:浅野温子
演目:「天の岩屋戸にお隠れになった天照大御神~月読命の語れる」

【日時】

2008年6月7日(土)
 開場13:00~ 開演14:00~
【会場】 新潟テルサ 新潟市中央区鐘木185-18
 電話025-281-1888
【料金】 全席指定 5,000円(税込)
【前売開始】 2008年2月24日(日)9:00より
【チケット取扱い問い合わせ】
  TeNYチケット専用ダイヤル  電話025-281-8000
その他…ローソンチケット/CNプレイガイド
【店頭販売】 新潟テルサ/新潟伊勢丹/新潟大和/
新潟三越/CoCoLo万代
【託児サービス】 生後6ヶ月から未就学児のお子様を対象にした託児サービスです。託児料お子さま1名につき:1,000円(税込)
電話025‐281‐8000 定員になり次第、受付終了

伊勢神宮式年遷宮広報本部 公式ウェブサイトより (www.sengu.info/news/005-000138.html)

 


TV 放送情報 (2008.1.29 / 2.14 updated)

放送日時

   

放送局

番組名
2月24日(日)   15:05~15:48 NHK 総合テレビ 金とく“きつね”になった少年~新美南吉 童話の世界~ 』」
07年11月に東海・北陸地方のみの放送だったのですが、念願の全国放送です!
2月18日(月)
2月22日(金)
2月25日(月)
2月29日(金)
(初)
(再)
(再)
(再)
09:30~09:45 NHK 教育テレビ 「おはなしのくに
タイトル:母グマ子グマ
原作:椋鳩十  語り:浅野 温子

(番組のURL:www.nhk.or.jp/kokugo23/59/main.html )
2月21日(木)
2月22日(金)
2月25日(月)
2月26日(火)
2月27日(水)
2月28日(木)
#1
#2
#3
#4
#5
#6
15:15~16:00 NHK 総合テレビ

「昨日の友は今日の敵?」

(再放送)

2月09日(土) #1
#2
#3
#4
#5
#6
13:00~13:50
13:50~14:40
14:40~15:30
15:30~16:20
16:20~17:10
17:10~18:00
CS フジテレビ 721

「101回目のプロポーズ」

デジタルマスター版再放送)

210(日) #7
#8
#9
#10
#11
#12
13:00~13:50
13:50~14:40
14:40~15:30
15:30~16:20
16:20~17:10
17:10~18:00

 


最新近況 (2008.1.26)

日本傳統的節分祭又快到了,繼過去數年溫子分別到不同神社參與了這個祭典,2008年2月3日溫子將到山口縣防府天滿宮參與今年的節分祭及下午二時、三時、四時共三場的「豆打式」("開運招福擲豆"祭典式)。 繼2004年這是溫子第二次在防府天滿宮參加豆打式。

過去之溫子豆打式 in 2006;   in 2005;   in 2004

浅野温子さん 節分祭豆まき

2008年2月3日(日)の節分の日
山口県防府天満宮境内にて2004年にも豆まきに参加された温子さんが再び豆まき登場予定です。午後2時、3時、4時の三回まきます。
お近くの方是非防府天満宮へお越し下さい。


再放送のお知らせ (2008.1.26 / 2.21 updated)

温子さん主演のNHKドラマ「昨日の友は今日の敵?」(2004) が再放送されることになりました。

NHK 総合2月22日(金)から2月29日(金)
毎日月曜日から金曜日 午後3時15分から 名作アワーという枠でオンエアー

溫子主演的NHK連續劇「昨日之友是今日之敵?」將於2月22日起週一至五15:15~在NHK綜合台重播。


語り舞台®「日本神話への誘い®」・最新公演 (2008.1.13)

溫子從03年起開始以《古事記》為題材,巡迴各地的神社演譯日本的神話舞台。延續這個舞台之旅,今年亦會展開各地公演。2008年第一站公演:

2008年1月19日
静岡県浜松市小中学校PTA連絡協議會
教育演講會中公演

今年も浅野温子さん出演の語り舞台®「日本神話への誘い®」が開催されます。第1号公演は:
2008年1月19日(土)14:30~
静岡県浜松市アクトシティ浜松
浜松市小中学校PTA連絡協議会の教育講演会にて公演が開催されます 。
(この公演は浜松市PTA連絡協議会の会員限定の公演となっています)


News of Atsuko in 2016-17

News of Atsuko in 2015

News of Atsuko in 2014

News of Atsuko in 2013

News of Atsuko in 2012

News of Atsuko in 2011

News of Atsuko in 2010

News of Atsuko in 2009

News of Atsuko in 2008

News of Atsuko in 2007

News of Atsuko in 2006

News of Atsuko in 2005

News of Atsuko in 2003-2004

News of Atsuko in 1998-2002

 

 

Asano Atsuko Fan Page International (C) sashow
 
All Rights Reserved. Copying / Reprint is strictly Prohibited.
嚴禁  轉載 / 引用 / 複製 / 仿製 本網站的任何文字內容及圖片

HOME          FanBlog